2013年11月22日金曜日

プラチナデータを読みました。

Nikon D800
 
 
  プラチナデータを読みました。
題名からは想像がつかない内容の話で。
事件を背景にDNA捜査システムと、人の心の解明を問うという内容でした。
 
東野圭吾の語り口調って、なんか通り一遍等で。
何を読んでいても同じ。
読みやすくて、話のテンポがよくて。
 
 
話の中のキーワードが、それぞれ辻褄が合うのが凄いな~って思いました。
 
面白い本でした。(´ー`*)
 
 
piro

0 件のコメント:

コメントを投稿